iPhoneが壊れた!正規店・非正規店に修理に出す行く前にやっておくこと4つ

iPhoneが壊れた、調子が悪い、ボタンが押しづらいなど不具合を感じた経験はありますか?iPhoneは精密機械ですから、今は大丈夫でもふとしたきっかけで調子が悪くなることもあります。自分が気づかない場所で子供が扱ったり落としたりすることもあるかもしれません。
修理に出す前にやっておくべきことがあるって知っていましたか?ご紹介します。

 

やっておく@:Apple IDとパスワードをはっきりさせる

Apple正規店で修理に出す場合は、Apple IDを必ず質問されます。Apple製品の個体差を見分ける名前のようなものなので、このIDをもとに過去の修理履歴や来店履歴を調べます。
そもそも購入時のiPhoneは問題のない製造ロットか?同様の不具合が頻発している機種ではないか?過去の修理の際に不具合が無かったのか?などの社内データを確認するために使われます。
設定を人任せにして自分で把握していないという方も意外に多いので、Apple IDやパスワードなどの個人情報は自分で答えられるように把握しておきましょう。

 

やっておくA:データのバックアップを取る

iPhoneを修理に出すと、担当者は本体を開けたり中の構造を見るためパーツを分解したりします。その過程で写真や動画データに何らかの力が加わり、データが無くなってしまう恐れがあります。
また、データの保管は修理の際に保証してくれません。修理に出す前にデータのバックアップを取っておきましょう。

 

やっておくB:SIMカードを外して修理に出す

SIMカードを装着している場合は外してください。修理の過程で欠け・割れ・紛失する可能性があります。
大量の修理品を扱う修理担当者からすると、どのiPhoneもどのSIMカードも同じように見え区別がつきません。外しておきましょう。

 

覚えておくC:純正パーツを使用していなかった場合は過失になるかも

精密機械において、純正パーツを使わないということは故障の原因になりえます。
テレビでも、リモコンと本体のメーカーが異なれば動きません。iPhoneの純正パーツを使わずに扱えば、故障のリスクも高まるのです。そのような高リスクの状態で使い続けて壊れたとなると過失になり、正規店では修理保証などが適用されないことがあります。Appleは保証サービスを販売しているので、保証の適用範囲内かどうか、理由をよく聞かれます。

 

修理に持ち込む場合には、故障原因として何があるのか、何を伝えるのかよく考えたしたうえで持ち込みましょう。慌てて持ち込みしどろもどろに理由を伝えた結果、保証がきかない内容ですねと言われてしまうこともあります。ご注意ください。

 

不具合に気づいたら早めにiPhone修理店へ!

突然壊れた、だんだんと不具合が出てきた、iPhoneにもいろいろな壊れ方があると思いますが不具合を感じたらなるべく早めに対応したほうが回復の可能性も高まります。しかし修理前に、4つのやってはいけないことをよく吟味してから修理に出してくださいね。

 

 

iPhoneを水に落とした!修理店に持って行く前にやってはいけないこと

iPhoneは、水がかかった程度では不具合を起こしたり壊れたりすることはありません。しかしお風呂や水たまりに水没させると内部に水分が入り込み、壊れたりする可能性があります。
一瞬落下してすぐに拾い上げ、表面の水分を全て取り除くことができれば問題ないかもしれません。しかし画面に亀裂やヒビが入っていた、元々なんだか調子が悪かった、という症状のあったiPhoneの場合は水没をきっかけに内部に水が入り込む可能性があります。
万が一水没した場合は、これから紹介する方法を守りつつ、早急にiPhone修理店に持参しましょう。

 

 

 

iPhoneを水に落とした後にすること

 

することは2つ。
1つ目は表面の水分を拭き取ることです。
iPhoneを包み込む乾燥した大きな布やタオルなどで、全体を包み込みしっかりと拭き取ります。

 

2つ目は乾燥させることです。
乾燥させるために使えるアイテムは、お米です。当然、炊飯してご飯になる前の乾燥したお米ですよ。
ジップロックなどの密閉できるビニール袋に可能な限り多くのお米を入れます。そのお米の中にそのままiPhoneを投入してください。お米の量は多いほどいいですが、少なくともiPhoneの全体が隠れる程度の量を入れます。その後乾燥した場所に丸一日は放置します。

 

iPhoneを水に落とした後にしてはいけないこと

 

してはいけないことは3つ。
1つ目はiPhoneの電源を入れて動作確認をしようとすること。2つ目はiPhoneの水分をくまなく拭こうとしてiPhoneの分解を試みること。3つ目はiPhoneの電源がつかない、画面が暗くなったなどの動作に慌ててiPhoneを振ること。この3つは絶対に行わないでください。

 

iPhoneを水没させてしまった時点で、壊れる可能性が高まります。しかし壊れる可能性が高まるだけで、修理店に持参すれば修理可能な可能性も残っているのです。
この3つの動作を行ってしまうと壊れる可能性が高まってしまいます。先に紹介した、iPhoneを水に落とした後にするべきことを行ったら、どんなにやきもきそわそわしても丸一日は黙って待つのです。

 

iPhoneが水没した時には乾燥剤を入れるとかドライヤーの風に当てて乾かすとか、そういった現実味のない処置は行わないようにしましょう。
乾燥剤があっても少量しかないのであれば、黙ってお米の中に投入してください。大量の乾燥剤が自宅に用意されているご家庭は少ないですし、あったとしても既に湿気を吸っていて乾燥剤の役目を果たさないかもしれません。
また、ドライヤーの風に当てるのも厳禁です。精密機械にドライヤーの熱を加えると、かからなくていい部分に負荷がかかる可能性があります。乾燥させるつもりが逆に内部の精密部品回路をショートさせるなんてことに繋がりかねません。

 

応急処置後はすみやかに修理店へ!/

 

紹介した応急処置を試した上で、念のために修理店に持参するようにしましょう。修理店ではiPhoneを開封して内部の状態も確認してくれますよ。