iPhoneの画面が割れたままで使ってはいけない2つの理由

iPhoneの画面はガラスでできており、アクリル樹脂などと比べると格段に割れやすい素材です。さらにiPhone本体自体も薄く軽いことから、手が滑って落とすことも少なくありません。
落ちた場所がコンクリートや硬い場所の上であったり、落下時に角に衝撃がかかるなどすると画面が割れてしまいます。

 

しかし割れ方が軽微で、画面を見るのにはまあ差し支えないかなと思われる程度であったり、忙しくて時間がなくiPhone修理屋さんに足を運べなかったりと、画面の割れをそのままにして使い続ける人は多いです。
しかしこれは、iPhoneにとって非常にリスクの高い危ない使い方です。なぜでしょうか。

 

単純にガラスが危ない

一度割れるとその割れた場所を起点にどんどんひびが入ります、iPhone自体が小さいため、ガラスが割れると細かなヒビが入ることがほとんどです。細かいヒビは、細かいガラスの破片を作ります。
細かいガラスの破片は見えづらく、指や爪の間にも入りやすいため危険です。全く危険そうに見えないですが急に「アイタッ!」ということが起こるわけです。
そんなとき、あなたは普段からピンセットを持ち歩いていますか?ピンセットを持ち歩いていたとして、指に刺さったガラスの破片を取り除けますか?
小さなガラスの破片を侮ってはいけません。指ならまだしも、通話しようとiPhoneを耳に当てたときに、もし破片が耳の奥へと入っていったら……。割れたまま使い続けるのって意外と怖いですよね。

 

画面の割れが他の不具合を引き起こす

食品にカビが生えた時、最初は小さなカビですが、それが次第に周囲に広がって大きくなりカビだらけになります。iPhoneも同じで、たかが画面の割れと甘く見ていると画面が割れて弱くなったところから故障が広がります。
画面が割れると水分の浸透は速まりますから、防水用品を使用していても湿度の高いお風呂場や海辺に持ち込むことは止めましょう。
また水分が内部に浸透すると感電のリスクも高まり、通話中に急にビリッとくるかもしれません。通話中ということはiPhoneはそのとき顔の近くにあるから怖いですよね。
またガラス画面のことを液晶と考える人は多いのですが、ガラスの表面と液晶は別物です。ガラスが割れると液晶にもダメージが加わり、修理不可能な状態にまで悪化するかもしれません。
このように他の不具合を引き起こすと全体の不良や故障を引き起こす原因となり、バックアップを取っていないデータが急に紛失するリスクにさらされます。

 

iPhoneの画面はデリケート!大切に扱おう!

iPhoneのガラス画面の割れやすさは世界中でも有名で、割れやすさを検証した動画を多数Youtubeなどの動画サービスで見ることができます。
ガラス画面が割れたまま放置する人は多いですが、割れないようにカバーやシールを貼り予防をする、それでも割れてしまったら早く修理に出す。これを心がけて快適なiPhoneライフを送りましょう。